可愛い女性たち

様々な注意点

風俗嬢が悩んでる

風俗で働く際はまず風俗求人専門サイトなどを見てお店を探すことから始めます。
働きたいお店が見つかったらお店に電話をかけて面接の申し込みをします。
オナクラも同様のやり方ですから、オナクラの面接をする際の注意点があります。

オナクラの求人を募集しているお店の中には、面接でデリヘルやピンサロといった他の業種に誘導するお店もあります。しかもまれにではなく多くのお店が誘導しています。
どういった手口で誘導してくるかというと、オナクラの収入は低いからと言って誘導します。
オナクラよりデリヘルやピンサロの方が収入は高いですが、仕事内容やリスクも大きく変わります。
それを全て理解した上で考えた方が良いです。誘導されて安易にそれに乗っかってしまうとトラブルのきっかけにもなります。

さらにオナクラではテクニックなどは求められない業種なので、容姿を求められます。
そのためオナクラの面接を受かるのは難しいと言われています。

面接の時の注意点は以上ですが、面接で合格した際に注意点もあります。
面接で合格するともちろんオナクラで働くことになります。
オナクラは無店舗型が大半なので、ラブホテルやレンタルルームで接客をします。
そういったことからオナクラで働いている女性の中にはお店に内緒で、男性に本番行為を誘う人もいます。
その理由はお金欲しさのためです。
しかしそういったことをしてお店にバレてしまった場合はクビになるだけではなく、男性が警察に通報してしまえば誘った女性は逮捕される場合もあります。
ですから働く際はそういった行為は行わないように注意が必要です。

DVDボックスレディ

風俗嬢が見つめる

風俗には業種によっても様々なオプションがあります。
オナクラの基本的なオプションだと手コキがあります。
それと似たようなサービスでオナクラには男性に自分のプラジャーやパンティーなどの下着を売ってほしいと言われる場合があります。
それだけではなくその場で下着を脱いで男性に売る生脱ぎ手渡しというのもあります。
しかしその行為はお店によっては行ってはいけないところもあるので、注意が必要です。

オナクラと似ている業種として、DVDボックスレディ、ビデオパブと言われているものがあります。
オナクラではなく、DVDボックスレディと求人募集していてもほぼ同じものと考えてもらっても大丈夫です。
ビデオパブというのもオナクラと似ていて、漫画喫茶のような個室の場所で男性客と一緒にAVを見ながら男性のオナニーを見るといった仕事です。
お店によってはAVを見ないお店もあります。
基本的にオナクラと一緒で脱がないし触らないし舐めたりもしません。
オナクラ、DVDボックスレディはほぼ一緒ですが、お店によっても異なるところがあるので確認する必要があります。

ソフトなサービス内容な風俗ですが、最近ではお店によってヘルスとあまり変わらないサービスをしているところもあります。
どういうことかというと、オプションでオナホールを使用したり、耳舐め、上半身裸、顔面騎乗などがあります。
ですから働く際はそういったところもチェックしておいた方が良いです。

オススメリンク